iPhone7

iPhone7修理料金一覧


SMART渋谷店のiPhone7の修理料金の一覧表です。
「落としてガラスが割れた!」「突然タッチ操作が出来なくなった!「液晶パネルが表示されない!」「バッテリーの持ちが悪い!」「水に濡れて水没してしまった!」などiPhone7の各種トラブルに対応しています。
修理時間は最短15分。もちろんデータを消去することも無いので修理前にバックアップを取ったり修理後に復元をする手間もありません!
掲載されている価格は消費税やパーツ代、工賃等全て含まれた価格。追加料金はありませんのでご安心下さい。

修理内容 料金(税込) 作業時間
フロントガラスパネル交換
症例)表面のガラス割れ。タッチ操作や液晶パネルの表示に問題が無い場合。
11,800円 30分
液晶パネル/タッチセンサー交換
症例)液晶パネルの液漏れ、表示不良やタッチセンサーの不具合。重度のガラス割れの場合。
13,800円 30分
バッテリー交換
症例)電池の持ちが悪い。起動しない。膨張して膨らんでいる。
6,800 円 15分
電源ボタン交換
症例)電源ボタンの陥没。電源ボタンを押しても反応がない。電源が入らない。
7,800 円 1 時間
ホームボタン交換
症例)ホームボタンが破損している。
※ホームボタンが押しても反応しないなどの症状の場合は修理不可。
7,800 円 1 時間
ライトニングコネクタサーキット交換
症例)充電が出来ない。充電に時間がかかる。ケーブルの接触が悪い。
7,800 円 1 時間
ボリュームボタン交換
症例)音量が上げられない。音量が下げられない。
7,800 円 1 時間
マイク交換
症例)通話時に自分の声が相手に聞こえない。
7,800 円 1 時間
ラウドスピーカー交換
症例)スピーカーから音が聞こえない。
7,800 円 1 時間
リアカメラ交換
症例)背面のカメラで写真が撮れない。シャッターが閉じた状態で開かない。フラッシュが光らない。フラッシュが消えない。ピント調節が出来ない(ピントが合わない)。ホコリが入っている。
7,800 円 1 時間
フロントカメラ交換
症例)内側のカメラで写真が撮れない。シャッターが閉じた状態で開かない。ピント調節が出来ない(ピントが合わない)。ホコリが入っている。
7,800 円 1 時間
近接センサー交換
症例)通話時に画面が消えない。通話時に画面を操作してしまう。明るさの調整が出来ない。相手の声が自分に聞こえない。
7,800 円 1 時間
バイブレーター交換
症例)バイブレーターが振動しない。
7,800 円 1 時間
水没修理
症例)水につけてしまった。雨の中で使用して調子が悪い。内部の洗浄・乾燥。
2,160 円〜 1 時間〜

※タッチパネル操作が出来ない場合は、液晶表示に不具合がある場合は「液晶パネル/タッチセンサー交換」になります。
※全ての料金はパーツ代・作業費・工賃等が含まれたお支払総額です。上記以外の料金は一切発生しませんのでご安心下さい。
※ホームボタンの交換を行った場合は「TouchID」が使用できなくなります。

iPhone7修理の無料お見積・お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

修理内容 (必須)

その他コメント

来店希望日(お決まりの方)
 

その他のお問い合わせはこちら

iPhone7の修理レポート

iPhone7(アイフォーン7)とは?

2016年9月7日(現地時間)にAppleの新製品発表イベントで発表された10世代目のiPhone。
日本では2016年9月9日から予約を開始。NTTドコモ、au、SoftBankから発売された。
iPhoneシリーズでは初の防塵防水(IPX67等級)に対応。
NFCチップを搭載。日本版のみApplePayが利用できるようFelicaに対応している。そのためモバイルSUICAなどの利用が可能になり、Androidのアドバンテージをひとつ消した。
初めて「ジェットブラック」カラーがラインナップされた。予約受付開始直後に予約をしても実際に手元に渡るのに発売から1ヶ月以上かかるなど大人気を博した。しかしその仕様上、「指紋が目立つ」「傷が付きやすい」などの欠点も多々あった。
ホームボタン(TouchID)が感圧式となり、電源が入っていない状態ではクリックした際のフィードバックが無い。
イヤホンジャックが無くなり、Bluetooth接続が推奨されている。付属品としてLightning端子をイヤホンジャックに変換するアダプタが付属している。
背面カメラ(リアカメラ)は12メガピクセルで光学手ブレ補正機能付き。
外観はほぼiPhone6やiPhone6sと同じだが、イヤホンジャックの廃止やリアカメラの大型化、イヤスピーカー部分がステレオになったことに伴い横に長くなるなど若干の変更がある。
iPhone6やiPhone6s用のケースや画面保護フィルムを使用する際は適合するか確認する必要がある。
2017年3月21日にProductREDのパートナー企業として、レッドモデルを発表。日本国内では2017年3月24日より発売した。売上の一部は「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に寄付される。

iPhone7の仕様