MacBook SSD交換サービス

お使いのMacBook、こんなことで困ってませんか?

  • 起動に時間がかかる
  • シャットダウンに時間がかかる
  • MacBook本体から異音がする
  • データの読み込みが長い
  • レインボーカーソルが消えない
  • よくフリーズする、固まる
  • 動作が思い
  • 電源を入れるとハテナマークのフォルダアイコンが表示されて起動しない

これらの症状はHDDの劣化やデータ容量が増えて空き容量がなくなっているために動作が重くなっている状態が考えられます。

旧モデルは内蔵メモリにHDD(ハードディスクドライブ)を使用していますが、これをSSD(ソリッドステートドライブ)に交換することで改善されます。

また、現在SSDを搭載しているモデルも容量の大きいSSDに換装することが出来ます。

そもそもSSDってなに?

SSDとはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略称です。

HDDは薄い円盤状の記憶媒体に情報を刻み込み、モーターで回してデータの読み書きをします。
物理的に回転させているため、モーター音がうるさかったり衝撃に弱かったりします。
ただ、安価で大容量を搭載できるのでメリットもあります。

それに対してSSDはUSBメモリのように、記憶媒体となるチップにデータを読み書きします。
回転させないため駆動音がせず静かで、衝撃にも強いです。
ただ、大容量を搭載しようと思うと金額が高くなります。

HDDをSSDに交換するメリットは?

HDDをSSDに交換すると様々なメリットがあります。

MACの起動が速くなる

物理的に回転させて読み書きをしないため、データの読み込み速度がHDDに比べて速いです。

最大で40%近く高速化することも可能です。

バッテリーの持ちが長くなる

HDDに比べて消費電力が少ないため、MacBookのバッテリーの持ち時間が長くなります。

Macの寿命が伸びる

HDDと比較してSSDだと高速回転することによる発熱が無いため、本体の基盤やコンデンサーなどを痛めません。
その為MacBook本体の寿命が伸びます。

音が静かになる

HDDとは異なりSSDは物理的に回転しません。
メモリ媒体に読み書きするため駆動音がせず静かです。

衝撃に強い

HDDは薄い円盤状のガラスを回転させて読み書きします。
そのため落下などの衝撃で破損してデータの読み書きが出来なくなる事があります。
SSDはメモリ媒体なのでHDDに比べて落下などへの衝撃に強く、頻繁に持ち運びするMacBookには最適です。

軽量化出来る

HDDに比べてSSDは最大で半分程度の重量です。
そのためMacBook自体を軽量化することが出来ます。

MacBook SSD交換サービス対応機種

MacBookのSSD交換サービスの対応機種は下記の通りです。

あわせてオススメのSSDドライブをご紹介しております。
その他のSSDをお持ち込みも可能ですが、相性などでご利用いただけない場合もございますのでご注意下さい。

なお、リストに記載が無い機種も対応できる場合があります。
もし記載がない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

MacBook Air 11インチ

通称 機種ID Model 年式 製品番号 オススメのSSDドライブ
Early 2015 MacBookAir7,1 A1465 2015年 MJVP2LL 240GB,480GB,960GB
Early 2015 MacBookAir7,1 A1465 2015年 MJVM2LL 240GB,480GB,960GB
Early 2014 MacBookAir6,1 A1465 2014年 MD711B 240GB,480GB,960GB
Early 2014 MacBookAir6,1 A1465 2014年 MD712B 240GB,480GB,960GB
Mid 2013 MacBookAir6,1 A1465 2013年 MD711A 240GB,480GB,960GB
Mid 2013 MacBookAir6,1 A1465 2013年 MD712A 240GB,480GB,960GB
Mid 2012 MacBookAir5.1 A1465 2012年 MD224J/A 240GB,480GB,960GB
Mid 2012 MacBookAir5.1 A1465 2012年 MD223J/A 240GB,480GB,960GB
Mid 2011 MacBookAir4.1 A1370 2011年 MC969J/A 240GB,480GB,960GB
Mid 2011 MacBookAir4.1 A1370 2011年 MC968J/A 240GB,480GB,960GB
Late 2010 MacBookAir3.1 A1370 2010年 MC505 240GB,480GB,960GB
Late 2010 MacBookAir3.1 A1370 2010年 MC506 240GB,480GB,960GB

MacBook Air 13インチ

通称 機種ID Model 年式 製品番号 オススメのSSDドライブ
Mid 2017 MQD52/A 240GB,480GB,960GB
Mid 2017 MQD42J/A 240GB,480GB,960GB
Mid 2017 MQD32J/A 240GB,480GB,960GB
Early 2015 MacBookAir7,2 A1466 2015年 MJVE2LL 240GB,480GB,960GB
Early 2015 MacBookAir7,2 A1466 2015年 MJVG2LL 240GB,480GB,960GB
Early 2014 MacBookAir6,2 A1466 2014年 MD760B 240GB,480GB,960GB
Early 2014 MacBookAir6,2 A1466 2014年 MD761B 240GB,480GB,960GB
Mid 2013 MacBookAir6,2 A1466 2013年 MD760A 240GB,480GB,960GB
Mid 2013 MacBookAir6,2 A1466 2013年 MD761A 240GB,480GB,960GB
Mid 2012 MacBookAir5.2 A1466 2012年 MD232J/A 240GB,480GB,960GB
Mid 2012 MacBookAir5.2 A1466 2012年 MD231J/A 240GB,480GB,960GB
Mid 2011 MacBookAir4.2 A1369 2011年 MC966J/A 240GB,480GB,960GB
Mid 2011 MacBookAir4.2 A1369 2011年 MC965J/A 240GB,480GB,960GB
Late 2010 A1366 2010年 MC503 240GB,480GB,960GB
Late 2010 A1366 2010年 MC504 240GB,480GB,960GB

 MacBook SSD交換サービス料金

工賃 7,800円(税込)
作業時間 2時間

※HDDをSSDに換装する作業費のみです。部品代は別途必要です。
※データの移行やOSのインストールをご希望の場合は別途お見積り致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

機種 (必須)

サイズ (必須)

年式 (必須)

機種ID
  

修理内容 (必須)

その他コメント

来店希望日(お決まりの方)
 

注意事項

  • HDDをSSDに交換する作業のみ行います。OSのインストール、データ移行はご自身で行って頂きますのでご注意下さい。
  • OSのインストール、データ移行方法は案内していません。
  • 持ち込みのSSDに不具合がある場合は元の状態に戻します。その場合は別途工賃として3,240円頂戴します。
  • お持込頂いたHDD内のデータ保証は一切致しません。
  • 取り付けたSSDは初期化された状態になります。
  • 料金は先払いとなります。
  • 別途オプションで取り外したHDDを外部メモリとしてご利用頂けるようにする事が出来ます。

iPhone修理無料見積もりフォーム

シェアする

フォローする