【臨時休業のお知らせ】恵比寿店は20日(日曜日)臨時休業となります。
MacBook宅配修理送料無料!
詳細はこちら!
bnr-macbookair
bnr-delivery-190617
glasscoating-12-12pro
coating-bnr-02
bnr-delivery
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow

【今日は何の日?】4月13日は「喫茶店の日」!

4月13日は「喫茶店の日」!

1888年のこの日、東京・上野に日本初の喫茶店「可否茶館」が開業した。
1階がビリヤード場、2階が喫茶室の2階建て洋館で、1杯2銭の牛乳よりも安い1銭5厘で提供していたが、5年で閉店した。

 

可否茶館って?

まず読み方。「可否茶館」で「カツヒーサカン」と読みます。

元々外務省の役人だった「鄭永慶」が1888年に台東区上野で開店しました。

国内初の喫茶店と言われていますが、実際はトランプやビリヤード、国内外の新聞や書籍、化粧室やシャワーが備えられていたというので、現在のネットカフェのようなイメージの方が近いかも知れません。

 

近年の喫茶店業界

1970年後半に第1次コーヒーブームが到来。
マスターが1杯ずつ淹れてくれるフルサービスの純喫茶ブームが起こりました。
ピークだった1981年には全国で約15万店舗もあったとのこと。
現在のコンビニの店舗数が約5万店舗なので、なんと3倍。
すごいブームだったことがわかります。

その後1980年にオープンしたドトールなど、スタンド型のコーヒーショップが増えたのが第2次コーヒーブーム。

第3次コーヒーブームとして、1996年にスターバックス、1997年にはタリーズコーヒーなど、外資系の参入がありセルフサービス型の「シアトル系」と呼ばれる店舗が増えました。

現在はブルーボトルコーヒーなどのように1杯1杯丁寧に淹れる「ハンドドリップ」スタイルブームが再燃。
それとは反対にコンビニでも手軽に美味しいコーヒーが買えるようになり、喫茶店業界は激戦のようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました