【定休日のお知らせ】■恵比寿店:木曜日、■横浜店:水曜日、日曜日
期間限定!MacBook宅配修理往復送料無料!

新しい生活様式に!
来店が難しい方へ宅配便でのMacBook修理の往復送料をSMARTが負担します!
午前中到着分は即日修理・発送!今日出せば最短明後日午前中にはお手元に!

詳細はこちら!
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

【今日は何の日?】3月17日は「漫画週刊誌の日」!




3月17日は「漫画週刊誌の日」

1959年3月17日に、日本初の少年向けの週刊誌「少年サンデー」「少年マガジン」が発売されたことに由来。
発刊当時はマンガは少なく読み物中心の雑誌だったそう。

小学館では当初テレビ時代の到来と週刊誌ブームを受けて、漫画中心の週刊誌を1959年5月5日に創刊するよう準備を進めていました。
しかし講談社が「少年マガジン」の創刊準備を進めているとのことで徐々に創刊日が繰り上がり、最終的に両誌共に1959年3月17日の創刊となったそうです。

「少年サンデー」の創刊号って?

少年サンデーの創刊号には、「スリル博士(手塚治虫)」、「宇宙少年トンダー(横山隆一)」、「スポーツマン金太郎(寺田ヒロオ)」、「海の王子(藤子不二雄)」、「南蛮小天狗(益子かつみ)」の5本が掲載されました。

また、雑誌の表紙には巨人軍の長嶋茂雄氏を起用。

創刊当時の価格は30円。また、売上は30万部でした。

ライバル「少年マガジン」の創刊号は??

創刊当時の少年マガジンは連載小説中心でマンガのヒットには恵まれなかったそう。
創刊号の漫画は「左近右近(忍一平)」「13号発信せよ(高野よしてる)」「疾風十字星(山田えいじ)」「もん吉くん(伊藤章夫)」「冒険船長(遠藤政治)」の5本。
いまいちピンと来ません。。。。。

しかし1960年代半ば頃から「ハリスの旋風」や、「巨人の星」「あしたのジョー」などのスポ根漫画を中心にヒット作を連発。
1967年には発行部数100万部を突破しました。

創刊当時の価格は40円とサンデーより10円高いものの、付録が3冊付いておりトータルでは互角くらいでしょうか?

ちなみに「少年ジャンプ」はいつ創刊された?

最近の少年向けの漫画週刊誌といえば「少年ジャンプ」。
しかし「少年ジャンプ」は「少年サンデー」「少年マガジン」に遅れること9年、1968年7月11日の創刊。
創刊当初は月2回の発行で、週刊誌になったのは1969年からだそう。

まとめ

少年向け週刊マンガと言えばすっかりジャンプの印象でしたが、実際は10年近く遅れてのスタートだったようです。
小学校、中学校と朝一番に買って学校に持っていくとヒーローになれたのを思い出します。
現在は3誌とも電子版を発行しています。

電子版になってしまうと最近は回し読みとかしないんですかね?
気になります。。。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました