恵比寿店は毎週木曜日が定休日となります。
期間限定!MacBook宅配修理往復送料無料!

新しい生活様式に!
来店が難しい方へ宅配便でのMacBook修理の往復送料をSMARTが負担します!
午前中到着分は即日修理・発送!今日出せば最短明後日午前中にはお手元に!

詳細はこちら!
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

【今日は何の日?】3月20日は「電卓の日】!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

3月20日は「電卓の日」

1974年に、日本事務機械工業会(現:ビジネス機械・情報システム産業協会)が日本の電卓生産数が世界一になったことを記念して制定。
3月20日になったのは、SHARPが1964年3月18日に国産初の電卓を発売したことにちなみ、覚えやすいように3月20日になりました。

 

国産初の電卓「CS-10A」

初の国産電卓はSHARPが1964年に発売した「CS-10A」

当時の価格が53万5千円、重さも25kgあったかなり大型の機械でした。

 

世界初の液晶表示電卓はSHARP!

電卓に世界で初めて液晶を搭載したのは、1972年にアメリカで発売された「Accumatic 100(Lloyd’s社)」「C1(Sears社)」の2種類。

しかしこの2モデルとも従来の電卓の表示部分を液晶パネルに組み替えただけで、サイズが大きく消費電力も多くバッテリー駆動出来ないなどのデメリットが多くすぐに始業から姿を消しました。

そんな中、小型で長時間利用可能な電卓の開発をしていたのがシャープ。
表示装置の消費電力の削減が必須であると考え、液晶パネル自体を自作しました。

その他にも様々な省電力化・効率化を図り1973年に発売されたのが「エルシーメイト EL-805」
これが事実上世界初の液晶表示電卓と言われています。

まとめ

発売当初は車が買えるほどの値段だった電卓ですが、現在は100円ショップでもきちんとしたソーラー電卓が買えてしまう時代。
価格破壊の勢いはもしかするとNo,1かも知れません。
しかも最近はちょっとした計算はスマホの電卓で済んでしまいます。

が、ビジネスや家計簿などは未だに通常の電卓を使うほうが便利だなぁと思います。
なんだかんだ言って無くならないアイテムでもNo,1かも知れません。

 

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました