【定休日】恵比寿店:日曜日

連日の猛暑でMacBookにも負担!?バッテリー交換のご依頼急増中!

こんにちわ!
SMART恵比寿店のフジサワです。

最近ニュースでも報じられている通り、連日の猛暑続き。
今日で一旦落ち着くと言われていますが、とは言えまだまだ暑い。。。

そんな中、MacBookのバッテリー交換のご依頼が急増しています。

目次

最近多いMacBookのバッテリー交換に関する問い合わせ

気づいたらバッテリーが膨張して蓋が閉まらなくなっていました!

カバンから出したらMacBookがアッツアツに。。。

お昼ごはんを食べるのに車内にカバンごとおいておいたら起動しなくなった。。。

と言うような内容でのお問い合わせ・ご依頼が多いです。

MacBookの正常動作温度とは?

以前も紹介していますが、MacBookは正常に動作する温度が定められています。
Apple公式サイトにも記載がある通り、35℃以下での利用が推奨。

Mac ノートブックは周辺温度が 10° ~ 35℃ の場所でお使いください。Mac ノートブックを車内に放置しないでください。駐車中の車内は室温が上がり、前述の適正範囲を超える場合があります。また、相対湿度が 0 % 〜 95 % (結露しないこと) の環境で使ってください。

Mac ノートブックの動作時温度を適正範囲に保つ – Apple サポート
あわせて読みたい
MacBookのバッテリーが膨張!原因や対処法・修理料金をチェック! SMARTでも頻繁にご依頼がある「MacBookのバッテリーが膨張した!」という症状。徐々に膨張するケースから、古いMacBookを久しぶりに充電してみたら一晩でパンパンに膨ら...

正常に動作する温度は35℃以下。
クーラーの効いた室内であれば問題ないと思います。

ただ、カバンの中に入れている場合は意外と熱を持ってしまっていることも多いです。
なかなか難しいですが、炎天下の中カバンに入れた状態で持ち歩く場合は出来るだけ日陰を選んだり日傘を差したりと、工夫が必要かも知れません。

あわせて読みたい
【MacBookPro】かばんの中で突然爆発!? こんにちわ!MacBook修理・バッテリー交換の専門店!SMART恵比寿店のフジサワです! 今回はMacBookPro13インチ2019年モデル(A1989)のバッテリー交換のご依頼! 今回の...

また、Apple公式サイトに書いてあるとおり駐車中の車内は特に危険です。
予想以上の熱を持つため、ご飯食べて戻ってきたらパンパンに膨らんでいた!というようなケースもあります。
熱を持ちすぎると発火や爆発の危険もあるので、もし夏場にMacBookを持って車で出かける場合は必ず駐車中の車内には放置せずに一緒に持って行って上げてください。

MacBookのバッテリーが膨張した場合のよくある症状

MacBookのバッテリーが膨張すると、様々な症状が現れます。

1.机に置くとガタガタする

膨張し始めの段階では、ぱっと見では気づかないことも。
ただ、テーブルなどに置いてタイピングするとガタガタするようになります。

あわせて読みたい
【MacBookPro】机に置いておくとガタガタする こんにちわ!MacBook修理・バッテリー交換の専門店!SMART恵比寿店のフジサワです! 今回はMacBookRetina15インチ2015年モデル(A1398)のバッテリー交換のご依頼! 今...

2.トラックパッドが押せない

ほとんどのMacBookが、トラックパッドの真下にバッテリーが組み込まれています。
そのため、バッテリーが膨張するとトラックパッドを押してもカチカチしたクリック感がなくなってしまいます。
これもバッテリーの膨張が原因です。

そのまま放置しておくと、バッテリーが裏側からトラックパッドを押し上げてトラックパッドが割れてしまう場合も。。。

あわせて読みたい
バッテリーの膨張でトラックパッドが割れかけ! こんにちわ!MacBook修理・バッテリー交換の専門店!SMART恵比寿店のフジサワです! 今回はMacBookPro13インチ(A1534)のバッテリー交換のご依頼! 今回のご依頼内容 ...

3.MacBookのフタが閉まらない

これもよくある症状で、バッテリーが膨張すると筐体が歪むためMacBookのフタがきちんと閉まらなくなります。
下記は極端な例ですが、「少し浮いていてピタっと閉まらないな。。。」と言う時はバッテリーの膨張を疑ってください。

あわせて読みたい
バッテリーが膨張してフタが閉まらないMacBookを修理! こんにちわ!MacBook修理・バッテリー交換の専門店!SMART恵比寿店のフジサワです! 今回はMacBookAir13インチ2015年モデル(A1466)のバッテリー交換のご依頼! 今回の...

4.バッテリーから発火

最悪の場合は、バッテリーから発火することもあります。
下記のケースは、バッテリーが膨張した後、ガタツキが落ち着いたとのことでした。
内部を確認してみると、バッテリーから発火した形跡が。。。

一度膨張したバッテリーは、正常な状態に戻ることはありません。
ガタツキが無くなった場合は、バッテリーのケース部分が破れてガスが抜けただけです。
そのまま置いておくと内部から液漏れして基盤の破損に繋がったり、発火→爆発したりという可能性もあります

あわせて読みたい
MacBookProの内部で発火したバッテリーを交換! こんにちわ!MacBook修理・バッテリー交換の専門店!SMART恵比寿店のフジサワです! 今回はMacBookPro13インチ2014年モデル(A1502)のバッテリー交換のご依頼! 今回の...

5.トラックパッドやキーボードが使えなくなる

最近のMacBookは、バッテリーの上にトラックパッドやキーボードのケーブルが通っているモデルがあります。
バッテリーが膨張すると、そのケーブルが断線してしまいトラックパッドやキーボードが使えなくなってしまうことも。。。

猛暑によるMacBookのバッテリー膨張・破損にご注意!

今回は連日の猛暑によるMacBookのバッテリーへのダメージをご紹介しました。

  • 35℃以上になる環境では出来るだけ使用しないようにする。
  • 使わない場合も室温には注意。
  • 車内へのMacBookの放置はダメゼッタイ!

実際に利用することを考えるとなかなか難しいケースもあります。

最終的にはバッテリーが破損してしまい、MacBookの電源が入らなくなってしまいます。
バッテリーのみの破損であればバッテリー交換で改善されますが、劣化したバッテリーが原因で内部でショートしていたりすると、基盤自体が破損していて基盤修理が必要になる場合も。
膨張してしまった場合は、早めにご相談頂くのをおすすめします。

明日以降、一旦暑さは落ち着くようですがまだまだ夏は続きます。
ご自身の夏バテ・熱中症対策に合わせて、MacBookの夏バテにもご注意ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

fourteen + eleven =

目次