【定休日】恵比寿店:日曜日

2023年春に15.5インチMacBookAirが発表される?

MacRumorsによると、Appleは2023年春に15.5インチのMacBookAirを発表する可能性があるとRoss Young氏が自身のTwitterのサブスク購読者向けにツイートしたと報じられています。

同氏は以前に15.2インチになると報じていましたが、今回のツイートでは0.3インチ大きく15.5インチになると予測しています。

MacBookAir15.5インチ用の液晶パネルは2023年第1四半期に生産が開始されるとのこと。

新型のMacBookAir15.5インチモデルについて詳細は明らかになっていませんが、2022年モデルのMacBookAirと同じ一般的なデザインでフラット エッジ、大型のForce Touch トラックパッド、ファンクション キー付きのキーボードなどを備えていると予想されています。

これまで13インチモデルが最大だったので、本当に発表されるとなると最大サイズのMacBookAirになります。

Ross Young氏とは?

ディスプレイ・サプライチェーン・コンサルタンツ(DSCC)のCEO。
20年以上ディスプレイ関連業界に従事。
これまでも新型iPhoneの液晶パネルや新型MacBookの液晶パネルに関して様々な情報を提供している。

via in MacRumors

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

1 × three =

目次