【定休日】恵比寿店:日曜日

MacBookのバージョンアップ、データ初期化サービス!

SMARTでは、MacBookのバージョンアップとデータを初期化するサービスを行っています。
バージョンアップ、データの初期化どちらも作業費5,500円(税込)で承ります。

「MacOSのバージョンアップをしたいけど自分では出来ない!」
「自宅にWi-Fiが無くてそのままになっている!」
「家族や友人に譲るので初期化したい!」

という方はぜひご相談下さい。

目次

MacBookのMacOSバージョンアップサービス

MacBookに搭載されているMacOSは、毎年メジャーアップデートという大規模なアップデートが行われます。
また、定期的にセキュリティの改善などを目的としたマイナーアップデートという小規模なアップデートも行われます。

メジャーアップデートでは様々な新機能が追加されていきます。

また、マイナーアップデートもシステム上の脆弱性などの問題点を改善したり、メジャーアップデートで生じたバグなどを修正する目的で定期的に実施されています。

アップデートの作業自体はもちろんご自身でも出来ます。

ただ、大きな容量をダウンロードする必要があるためご自宅にWi-Fiが無い場合などは難しい場合も。
テザリングなどでアップデートを行う場合は、その作業中に接続が切れてしまうとアップデートの情報が中途半端にダウンロードされた状態になりきちんとバージョンアップできなかったり、場合によっては起動しなくなるなどのリスクもあります。

バージョンアップの方法がわからない方や、自宅にWi-Fiが無くてバージョンアップが出来ない場合はぜひご相談下さい。

MacBookのMacOSバージョンアップサービス

作業費:5,500円(税込)
作業時間:3時間程度
※作業時や、アップデート後のシステムに不具合がある場合にデータが消失する可能性があります。事前にデータのバックアップをお願いします。

MacBookのデータの初期化サービス

使わなくなったMacBookを中古で下取りしてもらうときや、家族・知人などに譲る際はデータの初期化が必要です。
難しい作業ではありませんが、知識が無いとイマイチどうやって良いかわからないケースも。

また、AppleIDのログアウトや「Macを探す」をオフにするのを忘れていると、次の方が使おうと思ったときにロックが掛かっていてそのままだと使えない場合も。

SMARTではMacBookの初期化を代行することも可能です。
「初期化」するため、中に入っているデータはすべて削除されていまいます。
必要なデータがある場合は必ず事前にバックアップをお取り下さい。

MacBookのデータ初期化サービス

作業費:5,500円(税込)
作業時間:3時間程度

ご自分でMacOSのアップデートや初期化を行う方法

MacOSのアップデートやMacBookの初期化はご自身で行っていただくことも可能です。
Appleの公式サイトに手順が掲載されていますので、ご自身でアップデートや初期化を行う際はご覧下さい。

MacOSをアップデートする方法

MacOSをアップデートする方法

MacBookを初期化する方法

ディスクユーティリティを使って Intel 搭載の Mac を消去する
ディスクユーティリティを使って Apple シリコン搭載の Mac を消去する

MacBookのアップデート・初期化に関するよくある質問と答え

MacBookのアップデートを代行してもらえますか?

MacBookのアップデートの代行は5,500円(税込)で承ります。
詳細はこちらのページをご覧ください。

MacBookの初期化を代行してもらえますか?

MacBookの初期化の代行は5,500円(税込)で承ります。
詳細はこちらのページをご覧ください。

今回の修理内容

機種

修理内容

修理代金

修理時間

ご依頼地域

ご依頼店舗

SMART恵比寿店

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

four × two =

目次