シェアする

最新記事はコチラ

GalaxyS9、S9+が発売!専用ドックでデスクトップパソコンとしても使える!

SAMSUNGのGalaxyS9、S9+が5月18日に発売になった!

デザイン自体はGalaxy S8シリーズとそんなに変わらないが、細かい点がスペックアップされたようだ!

スポンサーリンク



GalaxyS9/S9+の特徴!

さすがサムスンのフレッグシップモデル!

スペックはもりもりです!

SnapDragon845搭載!

SoCはSnapDragon845。
ハイスペックモデルには不可欠な高性能なチップを搭載しています。

狭額・エッジディスプレイ搭載

ギャラクシーモデルの代名詞となってきた感のある『狭額・エッジディスプレイ』搭載はGalaxyS8シリーズから継承。
エッジディスプレイでアプリ起動中もニュースや新着メールなどが表示できるので情報量はバツグン!

カメラのF値がF1.5とF2.4切り替え

カメラのF値がF1.5とF2.4を自動的に切り替えるようになった。
手動での切り替えは出来ないが、暗い所ではシャッタースピードを稼ぐことが出来、明るいところでもよりシャープな写真が撮れるようになる。

スーパースローモーション撮影が可能に!

XPERIAシリーズでおなじみの960fpsスローモーション撮影が可能になった!

コレは0.2秒の動画を6秒間のスローモーション動画にできる機能。
イベントでは稲村亜美さんのピッチングをスローモーションで撮影する様子も。

インテリジェントスキャン搭載!

これまで指紋認証や虹彩認証を搭載していたが、さらに顔認証を追加。
状況に合わせて顔認証と虹彩認証を自動的に切り替えることで、認証制度をあげられるようになっている。

DexPadでデスクトップ利用も!

ボクが特に気になったのは、オプションの『DexPad』を利用して外部ディスプレイにパソコンの用に画面を表示することが出来る機能。
Windows10 MobileのContiniumと同じような機能だ。

DexPadはGalaxyS8シリーズ、Note8以降のモデルでAndroid8.0以降であれば利用することが出来る。

DexStationとは異なり平置きにすることで、GalaxyS9をマウスパッドやキーボードとして利用することが可能。

解像度はHD+(1600×900ドット)、フルHD(1920×1080ドット)、WQHD(2560×1440ドット)、オートから選べるようになっている。

ドコモ、auから5月18日発売!

ドコモ、auともに5月18日から発売。
品川駅ではサムスンのハンズオンイベントも開催していた!

結構面白い端末なので、試してみて欲しい!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク