シェアする

最新記事はコチラ

【iPhone7に向けて!】完全ワイヤレスな左右独立型Bluetoothイヤホンをご紹介!

遂に今週7日(日本時間8日)に発表になる新型iPhone。
新機能やスペックなど様々な情報が出てきていますが、気になるのはイヤホンジャックが無くなる点!

筆者は以前からBluetooth対応のヘッドホン・イヤホンを使用しているのであまり気にならないが、通常のイヤホン・ヘッドホンユーザーには既存のアイテムが使えるかを含めて気になるところ。

そこで現在筆者が非常に気になっているBluetoothイヤホンやヘッドホンを紹介する!
もしiPhone7に機種変更するならあわせて購入してみても良いだろう!

スポンサーリンク



耳栓型イヤホンの先駆け!『EARIN』


earin01

全てがワイヤレス。EARINは、イヤフォンとデバイス間のデータ送信は勿論、左のユニットで受信したデータを左右に信号を分離し、右のユニットに送信します。ユニット間までもがワイヤレスのBluetoothイヤフォンです。

最近色々な機種が出てきている左右のユニットが完全に独立したBluetoothイヤホンの先駆け。

筆者は長らくBluetooth対応のイヤホンを使っており、本体からイヤホンへ伸びるケーブルが無いのはすっかり当たり前になってしまった。
しかし人間慣れると欲が出るもので、「左右のイヤホンをつなぐケーブルもなくならないものか。。。」と思っていた時にKickstarterで開発資金を募り、約1億5700万円を集め話題になっていた商品。

実物を試してみたところ、失くしてしまいそうに小さいが意外に耳にはフィットするため落としたりはしなそうだ。
ただ、左右のユニットをBluetoothで接続しているため環境によっては若干の遅れや途切れ、左右での時差がでる場合がある。

また、このサイズなのでバッテリーの持ちは非常に心配。
専用のケース自体にもバッテリーが内蔵されているので、使用しない時にしまっておくだけで充電出来る。
ケースにEARINを入れた状態で充電すれば両方まとめて充電出来るので、恐らくそんなに不便しないだろう。

水中でも使えて活動量計も内蔵!Bragi社製『THE DASH』

th_thedash

ドイツの「Bragi社」が海外で発売中の「The Dash
他の機種にない特徴は防水設計や、内蔵ストレージ、活動量計が内蔵されている点!

防水設計は推進1m程度ということで本格的なマリンスポーツには難しいかも。
内蔵ストレージは4GBで約1000曲を保存することが出来る。
活動量計は歩数や心拍数などを記録出来る。
移動距離やスピードなどはスマホのGPS機能に頼る所もあるので、カンタンな活動量計としてでよければスマホ無しでのジョギングは手ぶらでOK。

公式サイトでは299$で販売されているが、日本への発送は行っていない。
Amazonでは一部出品されているようなので、欲しい人はAmazonで購入するか輸入代行サービスを利用する必要がある。

充電までワイヤレス!『Truu』

truu

こちらはスウェーデンの企業がKickstarterで資金調達を行っていた「TRUU」

Truu はワイヤーのないストレスフリーを実現した、業界を刷新するイヤフォンです。精巧にデザインされた充電器の上にTruuを置くだけで、革新的なワイヤレスチャージ機能を発揮します。
すべてにワイヤレス体験を追求する、これがTruuなのです。

なんと充電までワイヤレスで行ってしまうという徹底ぶり。
専用の充電スタンドに置くだけで充電が出来、フル充電でステレオの場合は約5時間利用できる。

Kickstarterでの募集は無事に終了し、現在は公式サイトで発売に向けて事前登録を受付けている。

まとめ

他にもスタートアップ中心にさまざま企業から新商品の発売が予定されている。
今後益々盛り上がっていくジャンルになると思うので、iPhone7のイヤホンジャックが無くなるのを機に試してみて欲しい!

ちなみに現在筆者が使っているのは下の2機種。
普段はParrotを使用しているが、流石に夏場は蒸れてしまうので

関連記事

3,000円代も登場!10,000円以下で買えるAirPodsのような完全ワイヤレスBluetoothイヤホン4選!
Bluetoothのヘッドホンやイヤホン自体はiPhone発売前から売られてはいたが中々一般的になることが無かった。 Appleが「Air...
スポンサーリンク