【定休日】恵比寿店:日曜日

macOS12 Montereyで文鎮化してしまう症状が発生!解決方法をご紹介!

2021年10月25日に配信された『macOS12 Monterey

macOS12 Montereyへのアップデートを行った際に、一部のMacBookで起動しなくなるいわゆる文鎮化と呼ばれる症状が発生している模様。

Appleのサポートコミュニティにも報告が上がっており、画面が真っ暗になって一切起動しなくなってしまったそう。

どうやら2018年以前に出荷されたIntelMacと呼ばれるIntel製CPUが搭載されたモデルを中心に症状が発生しているようですが、SNSでは2019年モデルのMacBookPro15インチで症状が発生した方もいる様子。

M1チップを搭載してモデルでは不具合は出ていないようです。

Appleから具体的な原因の報告は上がっていません。

この症状が出てしまうと、PRAMクリアやSCMリセットを行っても改善されず、解決するにはもう1台のMacBookでApple Configuratorを使って復元するしかないようです。

アップル公式サイトに具体的な復旧手順が掲載されていますが、もう一台のMacBookとType-Cケーブルを接続する必要があるため実際に発生してしまうと復旧はかなり手間がかかりそうです。


2021年11月6日追記

Appleが問題への対応を行ったとのニュースがありました。

あわせて読みたい
AppleがmacOS12 Montereyにアップデートした際に文鎮化する不具合を修正 MacRumorsの記事によると、先日お伝えしたmacOS12 Montereyにアップデートした際に一部の古いMacが文鎮化してしまう不具合に対して、Appleが修正を行ったと伝えています...
目次

文鎮化したMacBookを復元するために準備するもの

まずはもう1台問題なく起動するMacBookが必要です。

すでにこの時点で若干ハードルが高い可能性が。。。

必要なモノは以下の通り。

  • Apple Configurator、MacOS High Sierra以降がインストールされたMac(1台目)
  • 文鎮化したT2チップを搭載したMac(2台目)
  • Appleのネットワークである17.0.0.0/8に接続できるインターネット環境
  • 上記2台のMacを接続するUSBケーブル

Apple Configurator2のダウンロードはこちら

Apple Configuratorを使って復元する際の注意点

Appleのサイトによると、復元する際の注意点が記載されています。

復活で問題なく使えるようになった場合はデータはそのままでご利用いただけますが、復元が必要になった場合はデータも初期化されてしまいます。

復活を行うと、ファームウェアがアップデートされ、recoveryOSが最新バージョンにアップデートされます。復活は、起動ボリューム、ユーザのデータボリューム、またはその他のボリュームにいかなる変更も行わないように設計されています。復旧可能な場合はユーザデータが保持されます。

復元を行うと、ファームウェアがアップデートされ、recoveryOSが最新バージョンにアップデートされ、内蔵ストレージのmacOSが消去されて最新バージョンがインストールされます。この処理が完了すると、すべての内蔵ボリューム上にあるすべてのデータは修復不可能になります。

文鎮化したT2MacBookをApple Configurator2を使って復元する手順

準備と注意書きを確認して問題なければAppleConfigurator2を使って復活作業を行います。

詳しい手順はAppleの公式サイトに掲載されています。

Apple Configurator 2を使ってAppleシリコンを搭載したMacを復活させる/復元する – Apple サポート (日本)

文鎮化したT2MacBookをApple Configuratorを使って復元する手順
  • Step.1
    1台目のMacBookでApple Configurator2を起動する

    サポートされているUSB-CケーブルでMacコンピュータを接続し、「アプリケーション」フォルダまたはLaunchpadでApple Configurator 2を見つけてから、1台目のMacでApple Configurator 2を起動します。

  • Step.2
    2台目のMacBookをDFUモードにする

    1.電源ボタンを押す
    2.電源ボタンを押したまま『右Shiftキー』『左Optionキー』『左Contorolキー』を10秒間押す
    3.10秒経過したら電源ボタンは押しっぱなしにして3つのキーを放す
    4.1台目のMacBookのAppleConfigurator2にDFUアイコンが表示されたら電源ボタンを放す

  • Step.3
    AppleConfigurator2を使用してMacを復活させる

    『復活』で改善されない場合は『復旧』を行う

まとめとあとがき

今回はmacOS12 Montereyにアップデートした際に起動せず文鎮化してしまったMacBookを復元する手順をご紹介しました。

問題なく起動するMacBookをもう1台持っていることが絶対条件になるのと、もし持っていたとしてもかなり手間がかかります。

急ぎでアップデートする必要がない場合は、一旦様子を見ても良いかも。

SMARTでは同様の症状のお問い合わせもたくさん頂いています。

Appleでも原因不明のため、確実に復旧できるかはお約束できません。

万が一作業を行って復旧しなかった場合は代金は頂きませんので、もしご自身でどうしようもなくなってしまった場合は一度お問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

fifteen + three =

目次