【定休日】恵比寿店:日曜日

SamsungとLGが次世代iPad Pro用OLEDディスプレイの量産を準備中!

韓国のETNewsによると、韓国国内のディスプレイ業界が次世代iPadProに搭載予定のOLEDディスプレイの量産体制を整える準備に入ったとのこと。
サムスンディスプレイは忠南牙山に位置する第6世代A3ラインでiPad用OLEDを生産する計画。

目次

次世代iPad Proに搭載されるのは「ハイブリッドパネル」

次世代iPad Proに搭載される見込みのOLEDディスプレイは、フレキシブルとリジッドOLED技術が組み合わされた「ハイブリッドパネル」と呼ばれています。
既存のOLEDディスプレイを製造する工程に「エッチング」というガラス基板を薄く削る工程が追加。

サムスンの協力会社ケムトロニクスが、0.5mm厚のガラス基板を0.2mm厚に削る工程を担当。

LGディスプレイも坡州第6世代工場でハイブリッドOLED量産を準備中。

また、MacBookもOLEDディスプレイを搭載する見込みで、14インチ16インチモデルを2026年に発売すると予想されています。

\こちらの記事もチェック!/
あわせて読みたい
有機EL搭載のMacBookProは14インチと16インチで2026年に登場? 韓国のET Newsによると、Appleが2026年に発売するMacBookPro用の有機ELディスプレイの開発に韓国のSamsung Displayなどのディスプレイサプライヤーが着手したと報じてい...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

four × 2 =

目次